コインランドリーの起業で客層を理解するコツ - コインランドリーを起業するときに重要になる情報

コインランドリーの起業で客層を理解するコツ

コインランドリーを起業するなら、利用対象となる客層にも注目しましょう。

コインランドリーを起業が最近話題になっています。

どのような年齢層にアピールできるのかが分かれば、設置する洗濯機や乾燥機も適切に選べるようになります。



単身世帯とファミリー世帯の違いを理解しておきましょう。



単身世帯は、一人暮らし世帯です。学生の場合もありますし、単身赴任者の場合もあります。


家庭用の洗濯機と乾燥機で、しっかりと対応できます。

低価格で利用できれば、リピーターになる可能性も高まります。コインランドリーの起業は、リピーターが重要です。


利用してもらい、さらに次にも利用してもらいます。

清潔な環境と、低価格帯であれば、単身世帯にアピールできます。


ファミリー世帯は、自宅では洗濯できない布団の丸洗いがアピールポイントになります。

コインランドリーが大規模であれば、駐車場を整備しましょう。
マイカーがあれば、布団を搬入しやすいからです。
価格が高くても、布団を丸洗いできるメリットの方が大きいので、積極的に取り入れを検討してみましょう。
客層を把握すれば、起業の際の設備投資が的確になります。単身世帯用の洗濯機と、ファミリー世帯用の洗濯機を変えれば、リピーターとしてだけでなく、利用率もしくは回転率を高めやすくなります。子供のいる世帯には、シューズ用の洗濯機も魅力的になります。洗濯機と乾燥機の他に、シューズ用の洗濯機を設置できれば、ファミリー層をリピーターにしやすくなりますので、利用金額も高くなり、収益が大きくなります。